青色申告・節税|松戸青色申告会|松戸・流山・鎌ヶ谷|

 

よくある質問

 

《そもそも》編

《そもそも》編
 
Q.青色申告ってなんですか?
A.毎日の取引をきちんと帳簿に記帳し、その帳簿に基づいて正しく所得や税額を計算し、青色の申告書で申告する制度です。

一定の要件を満たした帳簿に基づいて申告をする人は、所得金額の計算などについて、青色申告として有利な取扱いが受けられます。
青色申告をすることができる人は、不動産所得、事業所得または山林所得のある人です。
 
Q.青色申告にするにはどうしたらいいですか?

A.新たに青色申告を始めるためには、次の期日までに、納税地の税務署に所得税の青色申告承認申請書を提出します。

原則はその年の3月15日まで
●新規開業の場合(その年1月16日以後に開業)
 開業開始の日から2ヶ月以内
●相続の場合
 被相続人の死亡が 1月1日〜 8月31日  死亡の日から4ヶ月以内
    〃     9月1日 〜10月31日 その年の12月31日
     〃     11月1日〜12月31日 翌年の2月15日

 
Q.青色と白色の違いは?
A.青色申告には税制上の特典がありますが、主なものは次のとおりです。

●青色申告特別控除
(青色申告) 複式簿記で記帳すると最高65万円を控除できる
(白色申告) 適用なし
●専従者給与
(青色申告) 届出により支給額の全額を必要経費にすることができる
(白色申告) 専従者1人最高50万円(配偶者86万円)を限度に控除できる
●損失の繰越控除
(青色申告) 純損失を翌年以後3年間の黒字の所得から繰越控除できる
(白色申告) 変動所得または被災事業用資産の損失に限って繰り越し控除できる
●純損失の繰戻し
(青色申告) 純損失がでた場合、前年の所得税から繰り戻し還付が受られる
(白色申告) 適用なし
 
Q.専従者給与とは?
A.青色申告者が生計を一にする親族のうち、事業に専従する人(以下「青色事業専従者」)に支払う給与は、一定の要件により全額必要経費に算入することが出来ます。

なお、青色事業専従者は、控除対象配偶者または扶養親族にはなれません。
適用を受けようとする年の3月15日まで、1月16日以降に開業したときや専従者がいることになった場合には、その日から2ヶ月以内に「青色事業専従者に関する届出書」を税務署に提出します。
 
Q.開業をしたら、何か提出する書類はありますか?
A.以下の届出を、税務署に提出します。(3・4・5は、給与支払の予定のある方)

(1)個人事業の開廃業等の届出書
     事業の開始した日から2ヶ月以内
(2)所得税の青色申告承認申請書
     承認を受けようとする年の3月15日まで
    (1月16日以後に開業した場合は 開業の日から2ヶ月以内)
(3)給与支払事務所等の開設届出書
    開設してから1ヶ月以内
(4)青色専従者給与に関する届出書
    専従者の給与を必要経費に参入しようとする年の3月15日まで
    (1月16日以後に開業や専従者がいることとなった日から2ヶ月以内)
(5)源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書
  兼納期の特例適用者に係る納期限の特例に関する届出書
    随時提出可能
<<公益社団法人松戸青色申告会>> 〒271-0073 千葉県松戸市小根本57-4 TEL:047-363-0389 FAX:047-365-1370